ラッシュガードの使い方

ラッシュガードの効果とは?

更新日:

水着

■ラッシュガードの効果

最近は真夏の海でラッシュガードを着る人を多く見る様になりました。
ラッシュガードという言葉も浸透しつつありますよね。
でも、ふと疑問に思うのはラッシュガードを着る効果ってどの様なことがあるの?って思ったことはありませんか?
特に最近はプールでもラッシュガードを着る女性が増えています。
ラッシュガードを着る効果はどの様なものがあるのでしょうか。
実はラッシュガード着るだけでいろいろな効果をもたらしてくれます。
ここではいくつかその効果を紹介いたします。

■日焼け止め効果

一番の効果といえばやはり日焼け止め効果。
サーフィンやダイビングなど、水回りのアクティビティをするときには日焼けが気になりますよね。日焼け止めを塗っていても水に入れば流れてしまいますし、日中の海辺などは紫外線を大量に浴びることになるので、どうしても日焼けは避けて通れません。
特に小さなお子様は皮膚が敏感なので、日焼け対策はとても大事です。
そんなときに役立つのがラッシュガード。今はいろんな種類のラッシュガードがあり、UV加工された生地でできたものや、大きめのフード付き、長袖タイプのものは効果大です。
お子様が日焼け止めを嫌がったときや、日焼け止めを塗りなおす時間がないときなどでも、ラッシュガードを着ていれば紫外線を防ぐことができます。
肩、背中は自分で日焼け止めを塗るのが難しいですが、ラッシュガードがあれば安心です。
ラッシュガードの色としては、日焼け効果が高いのは黒色になります。
黒は光を吸収するのでラッシュガードに当たった光の照り返しを受けずに済みます。
逆に白色は照り返しを浴びてしまうので日焼け対策には向かない色とされています。
ただ黒だと重い印象もあるので青やピンクなどのさわやかな色を選ぶといいでしょう。

■外傷を防ぐ効果

女性

さらに、外傷を防ぐ効果も見逃せません。
浅瀬で行うシュノーケリングなどのアクティビティだと、サンゴや貝殻で体をけがしてしまう可能性がありますし、サーフィンやボディーボードなどの激しいアクティビティだと衝撃などでけがをしたりボード擦れすることもあります。
そんなときラッシュガードを着ていると、外傷から体を守ってくれます。
装飾の少ないシンプルなラッシュガードを選ぶようにしましょう。Tシャツタイプだとなお安心です。ラッシュガードを着て、切り傷や擦り傷を防ぎましょう。

■防寒の効果

そのほか、防寒もラッシュガードの効果のひとつにあげられます。
外気温が高くても、水に入れば体温が急激に下がるので、それを防がなければ体調を壊してしまいます。
ですから1枚でも多く何かを着ておいたほうが良いです。その際、大事なのはあまり厚すぎないラッシュガードを選ぶことです。
なぜなら厚手のものが濡れると、水分を含んでとても重くなりますし、乾くのにも時間がかかるからです。
ラッシュガードであれば、そこそこの厚さで充分な防寒効果を得られます。そのほか、ジャストサイズのものを選ぶのも大事です。
サイズが大きいゆったりしたものを選ぶと肌とラッシュガードの間に水が入ってしまいますし、逆に小さすぎると水中で動きづらくなってしまい、危険です。もしビーチで着るだけ、といった水中に入る可能性がない場合は、厚手で大きめサイズでもOK。もちろん厚手のものが暖かいのでおすすめです。
少々の水濡れであれば、もともとラッシュガードは乾きやすい素材でできているので問題ありません。

■体型を隠す効果

女性がラッシュガードを着る理由に多いのはこの体型を隠す効果ではないでしょうか。
10代ならそれこそビキニなどきわどい水着を着てもスタイルもいいので様になりますが、結婚をし出産をした女性にとっては水着を着るのは抵抗があるという人も多いですよね。
かといって子どもが海に行きたがるので連れて行かないのもかわいそうだしという思いもあるのでしょう。
そういう女性にとって心強い味方がラッシュガードなのです。
ラッシュガードはぴっちりしたものになりますが、ラッシュパーカーというゆったりとしたおしゃれなラッシュもあるのでおすすめです。
今では街着で着る人も多いんですよ。

■さいごに

いかがでしたでしょうか?
上記のようにラッシュガードにはいろいろな効果がありますが、その中でどんなラッシュガードを使うかは、状況や目的によって変わってきます。
自分に合ったものを、よく吟味して選ぶようにしましょう。



当サイトおすすめのラッシュガードランキングはこちらからどうぞ。

おすすめのラッシュガードを見てみる

-ラッシュガードの使い方
-,

Copyright© ラッシュガードのレディースおすすめランキング!人気厳選 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.