ラッシュガードの使い方

ラッシュガードを着ても日焼け止めは必要か?

更新日:

ラッシュガード

■日焼け対策にラッシュガード

あなたは海に入る時にラッシュガードを着て入っていますか?
ラッシュガードには様々なメリットや効果がありますよね。
体型をカバーしたり、保温の効果があったり、また日焼け対策にもなります。
特に今のラッシュガードはUVカット加工がされているものも多く、実に99%も紫外線を遮断してくれるものまであるんです。
それじゃぁ、日焼け止めはもう必要ない?と疑問に思う人もいると思います。
今回はラッシュガードと日焼け止めという事でお話をしたいと思います。

●UVカット加工されたラッシュガード

前述しましたがラッシュガードには様々な種類が販売されています。
またUVカット加工もされたものも多いですね。
ラッシュガードのパッケージに「UPF」と書かれたものを御覧になったことがあります?
これは紫外線を遮断する指数になっています。
日焼け止めはSPFとかPAと言いますが、衣類の場合はUPFといいます。
UPFの衣類の中でも一番紫外線を遮断してくれるのがUPF50になります。
実に95%以上の紫外線を遮断してくれます。
素肌で1分紫外線を浴びるのとUPF50の衣類を着て50分紫外線を浴びるのと同じ影響力だというのですからUVカットの効果ってすごいですよね。
でも確かに日焼け対策はすごいんですが、注意しなければいけないことがあります。
そのことをお話ししましょう。

●ラッシュガードを脱いだり着たりする時に日焼けする時がある

ラッシュガードを着たまた海に入ると濡れてしまいます。
そのままですと体が冷える原因にもなってしまいますので、ラッシュガードを脱いで体を拭き、そして乾かす人も多いですよね。
このラッシュガードを脱ぐ時に。「少しの時間だからいいや」と油断をしてしまった時に日焼けをしてしまうことが多いのです。
なのでできるだけ日陰で着替えたりしましょう。

●ラッシュガードで隠れてないところは焼ける

これは当たり前ですが、ラッシュガードで隠れていないところは焼けてしまいます。
それで気を付けたいのはラッシュガードを着ているラインのギリギリまでしか日焼け止めを塗らない人が多いという事です。
長袖のラッシュガードを着ているならばラッシュガードで隠れている手首のところも塗ってあげましょう。
私ならば腕全体を塗ってしまいます。
なぜなら腕をまくることがあるからですね。
腕をまくってしまった時にそこを日焼け止めを塗っていない場合に日焼けをしてしまう原因になってしまうのです。

●日焼け加工にも寿命がある

ラッシュガードのUVカット加工があるからといって絶対日焼けしないわけではありません。
加工されたUVカットが、海に入ったり、洗濯をしたりする中で少しずつ弱まっていきます。
最終的には他の衣類と大差ないくらいのUVカット効果しか期待ができなくなってしまう場合があります。
そうなってしまうとラッシュガードを着ていても日焼けをしてしまうんですよね。
長年使用しているラッシュガードはUVカット効果がないと思っていた方がうっかり日焼けの対策にもなると思います。

●一番いいのは日焼け止めとの併用

それで私がおすすめするのはラッシュガードと日焼け止めとの併用になります。
海に入ったり、砂浜にあがったりするとついつい油断して日焼けをしてしまうことができてしまいます。
そうならないためにもラッシュガードを着ようが、着まいが必ず日焼け止めを塗ることをおすすめします。
ダブルに日焼け対策をすることによってうっかり日焼けすらも回避することができるのです。

■さいごに

いかがでしたでしょうか?
ラッシュガードのUVカット効果が高くても、ついうっかりした時に日焼けの原因を作りかねません。
なのでそれを考えると日焼け止めとの併用での日焼け対策が重要になっています。
日焼け止めを塗るのはめんどうかもしれませんが、うっかり日焼けで後悔しないためにも日焼け止めはちゃんと塗りましょうね。



当サイトおすすめのラッシュガードランキングはこちらからどうぞ。

おすすめのラッシュガードを見てみる

-ラッシュガードの使い方
-, ,

Copyright© ラッシュガードのレディースおすすめランキング!人気厳選 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.