ラッシュガードの使い方

ラッシュガードを着てプールに入れる?入るのは大丈夫?

更新日:

プール

■ラッシュガードでプールに入れる?

ラッシュガードといえば海で着る物というイメージがありますがプールで着るのは可能なのかと疑問に思ったことはありませんか?
結論からいうとプールでもラッシュガードを着て入ることは可能です。
もちろんプールの決まりごとがありますので、競泳水着でしか入ることができない公営のプールでは難しいですが、特に決まりごとが無ければラッシュガードで入っても問題ありません。
特に昨今はラッシュガードの需要が大きくなっていまして、子ども連れのママに大人気ですし、子どもも着ている人が多いですね。
個人的には、ラッシュガードの着用はとてもおすすめです。
それでは、プールでラッシュガードを着るメリットは何なのでしょうか?

●プールでラッシュガードを着るメリット

プールでラッシュガードを着るメリットについて解説しましょう。

・体型をカバーできる

ママの皆さんがラッシュガードを着る目的はこれが一番ではないでしょうか。
水着は着るのは恥ずかしいけれど、子どもをプールに連れて行かないのもかわいそう、その様に思っているママの方々がとても多いのですね。
あなたもそうですか?
ラッシュガードは体型をカバーできるのでとても便利です。

体型をカバーする目的でラッシュガードを着用するならば、ラッシュガードよりもラッシュパーカーの方がおすすめです。
ラッシュガードはプールの中で泳ぐように作られているのでどうしてもぴっちり目のサイズになっていしまいます。
その点、ラッシュパーカーはゆったりしたものもありますので体型を隠すならば断然パーカーですね。
ただ、ラッシュパーカーを着てプールで泳ぐ際には、パーカーが邪魔になる事とラッシュガードよりぴったり感が無いので泳ぎづらい感は否めません。
そこは状況に合わせて選びたいところです。

・日焼け対策になる

ラッシュガードの目的の一つとして日焼け対策になります。
屋外のプールはもちろんですが、屋内のプールでもガラス越しに紫外線が降り注ぐことも多いでしょう。
油断していると日焼けをしてしまう原因になってしまいます。
今は、UV加工されているラッシュガードが多いですので日焼け対策にはうってつけですね。

・外傷を防げる

ラッシュガードは元々はサーフィンをする人たちが着ていたものでした。
サーフィンをする時に岩にぶつかったりして、肌が傷つかない様にという意味もありラッシュガードを着ていたりするんですね。
なのでラッシュガードには本来は外傷から守るという意味もあります。
特に子供はプール内で走り回ったりする光景を見たりします。
転ばないに越したことはないですが、もし転んだとしても水着よりも肌の露出が少ないラッシュガードの方が肌を擦りむいたりという可能性が低くなるメリットがあります。
子どもがラッシュガードを着る理由の一つにこれがありますね。

・保温効果がある

ラッシュガードは、海できることを目的として本来作られています。
なので保温機能というのはあまりないのですが、水着よりは断然あったかいですね。
特にプールの場合は子どもが遊んでいるのをプールサイドで見ていうことも多いと思いますが、その時にラッシュガードを着るのがおすすめです。

●ラッシュガードを着てプールに入る注意点

とても便利なラッシュガードですが、一つ注意があります。
ラッシュガードをプールに着たまま入った時に、濡れたままにしてしまうと体温を下げる原因になってしまいます。
速乾性が高いラッシュガードでも直ぐには乾かないので着たままにしている風邪をひいてしまうかもしれません。
なのでプールから上がった際には、体をタオルで拭く様にしましょう。
またできれば泳ぐ時用のラッシュガードとプールから上がった時用のラッシュパーカーを用意しておくといいと思います。
体を冷やさない様に注意してくださいね。

■さいごに

いかがでしたでしょうか?
昨今では、ラッシュガードの需要が増えて来てそれに伴いプールで着用している人も多く見られるようになりました。
親子で来ている人も多いですね。
プールの決まりごとが無ければラッシュガードで入ることは特に問題ありません。
体型を隠したりととても便利なのでプールに行く時には一着持っていっておくととても便利だと思います。
どうぞお試しください。




当サイトおすすめのラッシュガードランキングはこちらからどうぞ。

おすすめのラッシュガードを見てみる

-ラッシュガードの使い方
-, , ,

Copyright© ラッシュガードのレディースおすすめランキング!人気厳選 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.